効果抜群なダイレクトメールの作り方を分かりやすくお伝えします

お店や会員制ビジネスで集客をする場合、さまざまな集客方法がありますが、どのような方法が一番よいでしょうか。集客の方法としては、店の看板などがあります。のぼりを立てる必要もあります。ですがそれだけでは足りません。飛び道具ではありませんが、郵便物など同じようにチラシやダイレクトメールを入れる方法もあります。基本的にチラシに関しては、ポストを一軒一軒まわる方法と、新聞などに挟む折り込みチラシがあります。ですが、会員制ビジネスの場合はなかなかそれでは不十分です。チラシの場合はどうしても反応率が低いからです。そこで効果抜群なダイレクトメールを利用する方法があります。では、効果抜群なダイレクトメールはどのようにして作ったらよいでしょうか。その作り方を考えてきましょう。

DMには感情が大事

DMをつくるときは、こちらの宣伝がっかりしてしまう人がいます。ビジネス初心者ほど商品の宣伝やサービスの宣伝ばかりになってしまいます。ですがそれでは伝えたいことの半分も伝わりません。一見お客さんに伝わっているようで全然伝わっていないのです。なぜそれができないかといえば、お客さんは、会社の宣伝やお店の宣伝をみたい訳ではないからです。お客さんが本当に望んでいることは一体何か、これを一番に考えない限りお店がもうかることはないでしょう。お客さんが一番求めているのは、その商品を買うことによって自分がどのように変わっていくかを知りたいのです。例えば、化粧品であればその化粧品を使ったことでどのように美しくなるかを知りたいわけです。つまり、お店側の事情ではなくお客さんの感情に合わせた内容を作り込むことです。

DMにはちょっとしたおまけをつけよう

DMをつくる場合は、お客さんの感情にのっとって文章を書いていくことが必要です。お客さんはいきなり商品を買ってくれと言っても、商品を買ってくれるわけではありません。サービスを利用してほしいと宣伝してもサービスを利用してくれるわけではありません。そこでまずは、無料で何かをする送ることが大事です。ちょっとしたおまけをつけるわけです。例えば商品であれば、商品のサンプルはどうでしょうか。実際にサンプルをDMにつけた結果成功した例もたくさんあります。サンプルは便利なもので、お客さんにとってはまったくリスクがない提案なのです。そして何より、お客さんとしては全く抵抗がありません。無料サンプルを送るだけであれば、お客さんは行動する必要がないからです。そういう意味で最初の階段の一歩を登らせるようにしてみましょう。